初めてでも心から楽しめるガーデニング!

ガーデニングを始めるには簡単に育てられる球根を植えましょう

種を購入するときの注意点

お花

花の種を購入するにはお店にあるものならどれでもいい訳ではありません。いくつかの注意点に気を付けながら選ぶようにしましょう。種選びでうまく発芽しない可能性もあるので購入の際には注意が必要です。

もっと詳しく

良い苗の選び方

ガーデン

花の苗を購入するときにはいいものを見極めないと、育てている途中に枯れてしまう可能性があります。そのようなことが起きないようにポイントを押さえて丈夫な苗を選ぶようにしましょう。

もっと詳しく

手間のかからない花

庭の手入れをする人

ガーデニング経験のない人でも簡単に育てることができるのが球根から育つ花です。いくつか種類はありますが失敗も少なく手間もかからないため、初めての方や忙しい方にも簡単に育てることができる種類です。球根が失敗しにくい理由は、もともと水分や養分が溜め込まれているからです。秋には「リコリス」「ネリネ」春には「スイセン」「ムスカリ」という種類の花だと植えっぱなしでも咲かすことのできる花です。球根は傷のないきれいなもので重量感のあるものを選びましょう。育て方のポイントとしては、水はけの良い土を使用します。植える深さは種類によって違いますのでそれぞれ確認しましょう。基本的には球根の高さの約3倍の深さのところに植えます。芽が出る部分を上にするようにしましょう。土が乾いていれば十分に水をあげるようにします。花が咲いたら種ができる前に切り取りましょう。種ができると球根の養分が種に取られてしまいます。そうなると球根に十分な栄養が残らず、次に植えたときの成長に影響がある可能性があるため注意しましょう。また、切り取る際に茎を残しておくことで光合成により養分が作られ次のための栄養が蓄えられます。十分に花を満喫出来たら、掘り出す作業をします。球根は傷のつかないようにし、風通しの良い涼しい場所に保管するようにしましょう。球根にダメージを与えずに質の良い状態を保つことができれば、毎年季節に合わせて植えるときれいな花を楽しむことができます。ガーデニングを始めるなら球根から始めてみてもいいでしょう。

通販で道具を集めよう

穴を掘る人

初めてガーデニングを始める人は、必要な道具を通販で探して簡単に手に入れると、始めるまでの準備の手間を省くことができます。うまく通販を使用しておしゃれなガーデニングを始めてみましょう。

もっと詳しく